採用情報先輩の声01 可児 祐貴

01 先輩の声

仕事への熱意と素直な心が、僕を成長させてくれました 可児 祐貴  平成25年入社 /  名古屋工学院専門学校卒業 / 趣味:車・ファッション

「工藤電機で働きたい!」。熱意で動いた就職活動

わたしの出身校は、名古屋工学院専門学校です。
在学中には国家資格の「第一級陸上無線技術士」を取得しました。
就職先は通信系企業と決めていたので、その分野の企業情報を収集し、工藤電機を知り、働きたいと思いました。
ところが、僕が就職活動をする年には工藤電機からの求人はなく、諦めきれずに「受験させてください!」と、学校の先生を通じお願いをしました。
すると、現会長が面接をしてくださって、念願叶い入社することが出来ました。
自分の思いが通じたことが、とてもうれしかったです!

雪かきをしながら進んだ山道。工事に遅れは許されない!

携帯電話基地局の工事は、山間部でも行います。
ある雪の日、除雪された高速道路を下り、山道へ向かうにつれ、雪がどんどん深くなり、ついに車を走らすことも困難な状況に陥りました。
しかし、工事を中止し引き返すことは許されません。それが、われわれの業界の約束ですから。
そこで、工事チームみんなで山道の雪かきをしながら、ゆっくりと車を動かして、無事に現場へとたどりつきました。
雪の山道は怖かったですが、工程通りに工事を行わなければならいという責任感のほうが大きかったですね。

先輩の働く姿がカッコいい!いつか自分も。

工藤電機の仕事には、高い品質と技術力が求められます。
体力的にも精神的にもハードですが、やりがいを感じます。
今振り返ると、入社当時の自分は甘かったです(苦笑)
先輩に叱られても、素直に聞く耳を持てないこともありました。
しかし、先輩の働く姿に格好良さを感じるようになってからは、自分も仕事に立ち向かう姿勢を改めました。いつか自分も後輩から格好いいと思って貰えるようになりたいです。
入社3年とまだまだ修行中ですが、先輩から受けた指導を自分のものにし、成長していきます!

意識の変化がもたらした、人としての責任感 寺田 健人 平成24年入社 / 名古屋工学院専門学校卒業 / 趣味:野球・ボーリング 採用情報 先輩の声 02
  • MESSAGE 上層部からのメッセージを見る
  • Q1. 仕事のエピソード Q2. 工藤電機って? 社員の答えを見る

PAGE TOP