工藤電機株式会社についてスタッフ紹介上層部からのメッセージ02 杉浦大輔

02 上層部からのメッセージ

現場一筋で歩んできた、わたしの使命 杉浦 大輔 代表取締役副社長 / 平成7年入社 / 趣味:ゴルフ

現場の安全・品質管理が何よりも重要です

平成24年11月より副社長となり現場全体の把握、安全品質管理、現場パトロールを行う一方、協力会社さんの管理、指導や現場で作業もしています。
我々の業界は安全が全て。安全かつ確実な工事を遂行することで、安定した品質のサービスをお客様へ提供させていただいております。
常日頃から「決めたこと、決められたことを確実に守る」を念頭に置き絶対に事故を起こさないという強い意志を持って仕事に挑んで欲しいと願っております。
長年、仕事が請けられるのも、弊社の高い安全意識と実績が評価されているからではないでしょうか。

難所での工事は、思いがけない出来事も

基地局工事の現場は車が通れないような山の中、離島などでも行われます。そんな時はカーフェリーやヘリコプターで材料や機材を搬入します。
特にヘリ搬入はスケール感があってその光景に圧倒されます。でも格好いいことばかりじゃないのが山の中の仕事。
現場を目指し、けもの道のような山道をひたすら歩いていると鹿、猪、サルに遭遇したり、時には蛭に血を吸われたり、スズメバチに刺されたりと散々な経験もいっぱいありましたが楽しいこともありますよ!
東海4県色々な地域に行きますのでその地域での名物料理をいただくのも一番の楽しみのひとつです!

先人の功績を次世代へつなぐ!

私には師匠とも言うべき先輩職人さんがいました。師匠の効率の良い仕事ぶりを見ながら「いつかは自分がやるんだ」という強い思いで日々精進した結果、元請様の全国技能競技会で優勝することができました。
その師匠がいなければ今の工藤電機や自分はなかったと思います。
ここ20年で移動通信方式は猛烈なスピードで進化を遂げましたが、社員一人一人が技術の向上に努め、工藤電機の仕事品質を理解し働いてくれたおかげで、弊社は時代の流れに乗り遅れることなく着実に業績と信頼を伸ばし続けています。
私は現場一筋の人間です。先人が培った工藤電機の技術力、仕事品質を今と未来の社員、協力会社さんへ伝えることが私の役割です。

MESSAGE 上層部からのメッセージ

  • 01 代表取締役社長 杉浦 洋介
  • 02 代表取締役副社長 杉浦 大輔
  • 03 部長 洞 正和
  • 04 次長 樋口 哲浩

MEMBER 社員紹介

Q1. 仕事のエピソード Q2. 工藤電機ってどんな会社?

PAGE TOP